レビュー

新しい手帳が欲しい!2022おすすめの手帳とアイテムをご紹介

新しい手帳が欲しい!今年使った『ほぼ日手帳』を振り返ってみると・・・

10月になると、新しい手帳がたくさん売り場に並びます。

シンプルなもの、デザインが素敵なもの・・・大きさや形もさまざま。

見ているだけで、ワクワクします。

その年に使った手帳を振り返りながら、来年はどんな手帳にしよう?と毎年迷ってしまいます。

今使っているのは、『ほぼ日手帳 day-free

ほぼ日 フリー

day-freeなので、オリジナルのように、1日1ページに日付けは入っていません。

毎日何かを書かなくては・・・と追いつめられることなく(笑)、自由に書ける手帳になっています。

そして『ほぼ日手帳』は、内容も盛りだくさん。

1、年間カレンダー

2、年間インデックス

3、月間カレンダー

4、方眼ノート

5、おまけページ(TimeTable・Favorites・My100・Gifts・年齢早見表など)

オリジナルと比較すると、ページ数は約半分。重さや厚みが半分になります。

月間カレンダーの部分は、スケジュール管理として使用しています。

ほぼ日 使い方 

家族の予定もすべてひとまとめにして管理しています。

コロナの影響で、学校行事や習い事も中止になったり、延期になったり・・・なかなか思うようにスケジュールが

そんな場合にとても便利なのが、付箋に予定を書く方法です。

付箋なので、もし予定の日付が変更になっても、貼り替えるだけ♪とても簡単です。

ほぼ日手帳には、マンスリーの枠にピッタリなオリジナルのふせんもあります。

無印良品のふせん(3cm×1cmの小さいタイプのもの)も、とても使いやすいのでおすすめです。

方眼ノートの部分は、自由に。

その日の気分で、日記を書いたり、観に行った映画の半券を貼ったり、欲しいものをメモしたり・・・

ほぼ日 My100

My100には、「今年やりたいこと」を。

100個も書けず・・・思いついた時に少しずつ足しています。

お気に入りのペンで手帳をもっと楽しく♪

ペンもお気に入りのものがあると、手帳を書くことが楽しくなります。

手帳 ペン

今、使っているのは、主にこの5本。

ジェットストリーム』は安定の書き心地。にじまず、滑らかに文字が書けます。

『無印良品の組み合わせが選べるボールペン』は廃盤になってしまいましたが、ぺんてるスリッチシリーズの替芯がぴったりなので、今はそちらを入れて使っています。

Juice up 03』は、ペン先がとても細いので、狭いスペースに書きたい時にとても便利です。

カラフルにしたい時には、

uni-ball one セット

HEDERA 4色

uni-ball one』や『HEDERAのゲルインクボールペン』を使っています。

どちらもとても発色がよく、書き心地もスムーズです。

色のバリエーションもとても充実していて、見た目も可愛い♪

2022気になる手帳は?

来年は、月間カレンダーだけではなく、ウィークリーも使ってみたいと思っています。

時間の決まっている予定や、その日にやりたいこと・・・

1週間、1日単位で書き出すことで、

頭の中が整理されて、もっと効率よく時間を使うことができるかなと。

今気になっている手帳は・・・

SUNNY手帳
大人っぽいデザインやカラーが豊富。ウィークリー・マンスリー・フリーデイリーの3つのタイプがあり、目的に合わせて選ぶ
ことができます。

コクヨ自分手帳DIARY
『一生使える手帳』がコンセプトの手帳。
スケジュールだけではなく、ずっと残しておきたい情報を記録できたり、アイデアを書き留めておくことができたり・・・
自分使用のオリジナルの手帳を作ることができます。

ハイタイド手帳
表紙のデザインは、キャラクターものからシンプルなものまでさまざま。
サイズや大きさも豊富です。
レプレのカスタマイズ手帳では、手帳のカバーやゴムバンドの組み合わせをシミュレーションして、お気に入りの配色を見つけ
ることができます。

お気に入りの手帳があれば、『やりたいこと』はもちろん、『やらなければいけないこと』も楽しくサクサクこなせるかも・・・(*^^*)

\ この情報をシェアしよう! /

© 2021 煩悩の犬