レビュー

定規としても大活躍♪『STAEDTLER』のスマートな三角スケールを購入しました♪

三角スケール全体

三角スケールって知っていますか?

普段はなかなか使わないけれど・・・定規って必要ですよね?

仕事では、ほとんどパソコンを使っているので、あまり気にしていなかったもの。

でも、まっすぐな線をひく必要が・・・時々あるんです(汗)

家にあるのは、子供達の定規(笑)

これはこれで問題なく使えるんですが・・・

テンションが上がらない(笑)

そんな時に見つけたのが、三角スケール!

製図用具として使われる三角スケール

三角スケール拡大

三角柱の形をしていることから、「三角スケール」と呼ばれているこの物差し。

三つの面の両側には、計6種類の縮尺の異なる目盛りが刻まれています。

必要な縮尺に合わせて使用面を選び、寸法を測って図面を書いたり、図面から寸法を読み取るための道具として使われているそうです。

実際には、線を引くための道具ではなく、あくまでも寸法をとるための測定器具みたいです。

購入したのは、『STAEDTLER』のアルミ製三角スケール。

色はマットブラックで、サイズは15cm×9mmです。

三角スケールSTAEDTLER
三角スケールSTAEDTLER裏
三角スケールSTAEDTLERサイズ

でも、こんなスマートな物差し。測るだけではもったいない(笑)

定規として使えたらかっこいいかも♪

線を引いてみました!安定の書きごこち!

三角スケール線

購入した三角スケールは、金属製のものなので、手に持つと少し重みがある感じです。

でもその重みのおかげで、線を引く際も、紙の上でしっかり安定してとどまってくれる感じがします。

きれいな線が引けました♪

定規として作られてはいなくても、しっかりまっすぐな線を引くことができます。

コンパクトなサイズで、場所もとらず、定規として大活躍してくれそうです。

たくさんの縮尺が刻まれていますが、実際、私が使うことはなさそうです・・・(汗)

でも、机の上に置かれている三角スケールはとてもスマートな雰囲気♪

三角スケールとノート

実際の用途とはちょっと違いますが・・・お気に入りの文房具の仲間入りです。

\ この情報をシェアしよう! /

© 2022 煩悩の犬